ホーム > ぷれ宮夢みやぎとは
ようこそ!!ぷれ宮夢みやぎへ!!

宮城県は、ササニシキやひとめぼれを生んだ米どころとして、また、三陸沖の好漁場に面した国内有数の水産県として知られ、宮城米を始め、新鮮な魚介類や旬の野菜、肉類など、海・山・大地の育む多彩で豊富な食材に恵まれています。
ここにご紹介する食材は、数ある宮城県産食材の中から選ばれた、
いずれも「食材王国みやぎ」にふさわしいブランド食材です。

宮城県知事 宮城県知事 村井嘉浩

食を育む宮城の自然

食を育む宮城の自然

豊かな自然に囲まれ、海・山・大地の育む多彩で豊富な食材に恵まれた宮城県

宮城県は東北各県と比べて、暑さ寒さはそれほど厳しくなく、雪も奥羽山系の山麓では多いものの、他の地区では一般に少ないという特徴があります。
地形はわりあいに単純で、西に山形県との境の奥羽山系の山々が南北に連なり、この山すそ一帯が山村部を形成し、東に流れる多くの河川流域が平野部を形成しています。さらに平野部の北東には北上丘陵、南には阿武隈の丘陵があって、太平洋に面した海岸線は、北部はリアス式海岸、南部は砂浜海岸となっています。
このような自然条件からは、米を始めとした多彩な農産物や水産物が多く生み出され、これらの豊富な食材を背景として伊達家の食文化が花開くこととなりました。

食を育む宮城の伝統

食を育む宮城の伝統

政宗公の時代から現代まで伝わる食の文化

美食家で知られる伊達政宗公。豊富な食資源に恵まれたこの土地で様々な食に対する試みを行ってきました。
仙台藩は早くから新田開発や治水事業に取り組み、稲作に適した広大な仙台平野を擁していました。領内の石高は年を追うごとにぐんぐん伸びていき、仙台藩の表高六十二万石は、実質百万石をゆうに越えていたといわれます。
伊達家では折々の行事にふさわしい献立が供され、雅びな彩りを添えていました。桃の節句や端午の節句、お月見や事納めなど、由緒正しいしきたりの中に自然や季節を寿(ことほ)ぐ気持ちが表れています。

PAGE TOP